コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真体 シンタイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐たい【真体】

そのものの真実のすがた。
「自己を鍛練して自己の―に達すると共に」〈西田・善の研究〉
楷書字体楷書体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真体 しんたい

?-? 平安時代前期の僧。
真言宗。空海にしたがって出家天長(824-834)のころ京都神護寺にはいり,すべての家産を同寺に寄進した。俗姓和気

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんたい【真体】

楷書の字体。楷書体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真体の関連キーワード真体腔動物体腔動物裂体腔真言宗原腎管血体腔原体腔体節腎管玉皇真書自己動物体腔

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真体の関連情報