コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレイ

2件 の用語解説(鰈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かれい〔かれひ〕【×鰈】

カレイ目カレイ科の海水魚の総称。体は楕円形で、側扁が著しい。頭部が右にねじれ、両眼が体の右側にあり、背びれとしりびれが体に沿って長い。有眼側は砂泥に似た褐色、無眼側は白色。海底に有眼側を上にして横たわるマガレイイシガレイマコガレイムシガレイなど。食用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かれい【鰈】

カレイ目カレイ科の海魚の総称。全長約15センチメートルの小形種から、オヒョウのように2メートルを超すものまでいる。体は平たくて楕円形。普通は両眼とも体の右側にあるが、ヌマガレイは左側にある。有眼側は暗褐色ないし黄褐色、無眼側は白色ないし淡黄色。食用。また、釣りの対象魚。世界に約100種、日本近海にはマガレイ・ババガレイ・ムシガレイ・メイタガレイ・マコガレイなど約40種がいる。寒帯から温帯の海域に広く分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鰈の関連情報