コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真書(き) シンカキ

大辞林 第三版の解説

しんしょ【真書】

〔真体の文字の意〕 漢字を楷書かいしよで書くこと。また、その書体。真字。
真実の事柄を記した書物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

真書(き)の関連キーワード木下蔭狭間合戦絵本太功記太閤伝説太閤記物甫田鵄川帝国文庫真書筆中学生紀夏井太閤記真行草実録物真体真草三体真字

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android