コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真金 シンキン

デジタル大辞泉の解説

しん‐きん【真金】

純粋の黄金純金。〈日葡

ま‐がね【真金】

《古くは「まかね」》鉄。くろがね。
「さみだれにとくる―をみがきつつてるひと見ゆるます鏡かな」〈能因集・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんきん【真金】

純金。金むく。 〔日葡〕

まがね【真金】

〔「ま」は接頭語〕
鉄。くろがね。 「天の金山かなやまの-を取りて/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真金の関連キーワード吉備路風土記の丘県立自然公園イス・テムル(玉昔鉄木児)具志川城跡〈沖縄県糸満市〉アルグンサリ(阿魯渾薩里)エセンブハ(也先不花)吉備史跡県立自然公園常盤とよ子真金一里塚成宗[元]吹く・噴く岡山(県)藤本鉄石Kāmi土門 拳桜任蔵劉貫道中秋

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真金の関連情報