真金(読み)シンキン

デジタル大辞泉の解説

しん‐きん【真金】

純粋の黄金純金。〈日葡

ま‐がね【真金】

《古くは「まかね」》鉄。くろがね。
「さみだれにとくる―をみがきつつてるひと見ゆるます鏡かな」〈能因集・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんきん【真金】

純金。金むく。 〔日葡〕

まがね【真金】

〔「ま」は接頭語〕
鉄。くろがね。 「天の金山かなやまの-を取りて/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android