コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着す(読み)キス

デジタル大辞泉の解説

き・す【着す】

[動サ下二]きせる」の文語形

け・す【着す】

[動サ四]《「き(着)る」の未然形に尊敬の助動詞「す」がついたものの音変化》「着る」の尊敬語。お召しになる。
「わが背子が―・せる衣の針目落ちずこもりにけらし我(あ)が心さへ」〈・五一四〉

じゃく・す〔ヂヤクす〕【着す】

[動サ変]執着する。
「その愛欲に―・して仏法をも信せず」〈今昔・一・一八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けす【着す】

( 動四 )
〔上一段動詞「着る」に尊敬の助動詞「す」が付いたものから〕
お召しになる。 「汝が-・せるおすひの裾に月立ちにけり/古事記

じゃくす【着す】

( 動サ変 )
執着する。 「幻化げんけの塵境に-・するを、無明妄想と云ふ/沙石 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android