睨(漢字)

普及版 字通「睨(漢字)」の解説


13画

[字音] ゲイ
[字訓] みる・にらむ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は兒(げい)。〔説文〕四上に「(なな)めにるなり」とあって、横からにらむように見ることをいう。兒は虹の頭の形。卜文に虹を双頭にしるしている。〔楚辞、離騒〕に「忽ち臨みて夫(か)のを睨(み)る」とみえる。城上の(ひめがき)を睥睨(へいげい)というのも、城壁の両端に位置しているからであろう。

[訓義]
1. みる、にらむ、ななめにみる。
2. かたむく、うかがう。
3. あきらか。

[古辞書の訓]
名義抄〕睨 ニラム・ミル・メシヒ

[熟語]
睨観・睨・睨視・睨日睨笑・睨然睨望
[下接語]
右睨・邪睨・睇睨・睥睨・眄睨

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android