コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睥睨/俾倪 ヘイゲイ

デジタル大辞泉の解説

へい‐げい【××睨/××倪】

[名](スル)
にらみつけて勢いを示すこと。「天下を―する」
横目でじろりとにらみつけること。
「眼は限られたる暗き壁を―し」〈透谷楚囚之詩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいげい【睥睨】

( 名 ) スル
にらみつけて威圧すること。 「あたりを-する」
横目で、じろりと見ること。また、にらみつけること。 「微笑する者あり、-する者あり/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

睥睨/俾倪の関連キーワード倂・丙・並・併・兵・屏・屛・幣・平・弊・柄・炳・瓶・病・睥・竝・聘・蔽・閉・陛・餅サンスクリット語竜驤虎視葛西因是勇胆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android