コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢口謙斎 やぐち けんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢口謙斎 やぐち-けんさい

1817-1879 幕末-明治時代の儒者。
文化14年生まれ。幕臣。中根得斎に古文辞学をまなび,のち朱子学に転じた。戊辰(ぼしん)戦争では永井尚志(なおむね)らと五稜郭の戦いにくわわる。のち新政府にゆるされ徳川宗家の静岡藩で古賀謹一郎,林鶯渓(おうけい)と教育行政にたずさわった。明治12年死去。63歳。武蔵(むさし)本庄(埼玉県)出身。本姓は森田。名は浩。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢口謙斎の関連キーワード蓄音機ボアボードランおもなお雇い外国人モンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android