矢口謙斎(読み)やぐち けんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢口謙斎 やぐち-けんさい

1817-1879 幕末-明治時代の儒者。
文化14年生まれ。幕臣。中根得斎に古文辞学をまなび,のち朱子学に転じた。戊辰(ぼしん)戦争では永井尚志(なおむね)らと五稜郭の戦いにくわわる。のち新政府にゆるされ徳川宗家の静岡藩で古賀謹一郎,林鶯渓(おうけい)と教育行政にたずさわった。明治12年死去。63歳。武蔵(むさし)本庄(埼玉県)出身。本姓は森田。名は浩。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android