矢島直方(読み)やじま なおかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島直方 やじま-なおかた

1823-1885 江戸後期-明治時代の公共事業家。
文政6年生まれ。肥後(熊本県)益城(ましき)郡の惣庄屋矢島直明の子。横井小楠(しょうなん)にまなぶ。維新後,堺県権(ごんの)参事官,福岡県大参事官などを歴任。帰郷して,小学校の設置,水田の開発,茶の栽培など郷里の発展につくした。明治18年7月26日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android