コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢板武 やいた たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢板武 やいた-たけし

1849-1922 明治-大正時代の開拓者,実業家。
嘉永(かえい)2年11月14日生まれ。明治13年印南丈作(いんなみ-じょうさく)と那須開墾社を組織し,栃木県那須野ケ原の開拓,那須疏水の開削につくす。30年栃木県会議員。下野(しもつけ)銀行,矢板農場などを創立し,また下野新聞社長をつとめた。大正11年3月22日死去。74歳。下野(栃木県)出身。前名は坂巻武兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

矢板武

没年:大正11.3.22(1922)
生年:嘉永2.11.14(1849.12.28)
明治大正期の実業家。下野国塩谷郡矢板村(栃木県矢板市)坂巻家の長男。17歳で組頭。明治維新後,矢板村名主,戸長,勧業課付属,小区民会議員,塩谷郡書記を歴任。印南丈作と協力し明治13(1880)年に那須開墾社を創立,幹事となる。また印南と共に那須疏水の開削に努力し同18年に成功。19年矢板村村会議員となり日本鉄道,宇都宮・黒磯間の開設に尽力し,印南の死後はそのあとをうけて那須開墾社社長。26年那須開墾社の解散後は,個人事業として矢板農場を設立。実業界では下野銀行,矢板信用銀行,矢板・氏家両銀行を次々と創立,その間に30年栃木県会議員当選。大正1(1912)年下野新聞社社長。<参考文献>西那須野町編『印南丈作・矢板武』

(阿部昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

矢板武の関連キーワード栃木県矢板市本町栃木(県)那須野原大正時代開拓者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android