コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢板武 やいた たけし

2件 の用語解説(矢板武の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢板武 やいた-たけし

1849-1922 明治-大正時代の開拓者,実業家。
嘉永(かえい)2年11月14日生まれ。明治13年印南丈作(いんなみ-じょうさく)と那須開墾社を組織し,栃木県那須野ケ原の開拓,那須疏水の開削につくす。30年栃木県会議員。下野(しもつけ)銀行,矢板農場などを創立し,また下野新聞社長をつとめた。大正11年3月22日死去。74歳。下野(栃木県)出身。前名は坂巻武兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

矢板武

没年:大正11.3.22(1922)
生年:嘉永2.11.14(1849.12.28)
明治大正期の実業家。下野国塩谷郡矢板村(栃木県矢板市)坂巻家の長男。17歳で組頭。明治維新後,矢板村名主,戸長,勧業課付属,小区民会議員,塩谷郡書記を歴任。印南丈作と協力し明治13(1880)年に那須開墾社を創立,幹事となる。また印南と共に那須疏水の開削に努力し同18年に成功。19年矢板村村会議員となり日本鉄道,宇都宮・黒磯間の開設に尽力し,印南の死後はそのあとをうけて那須開墾社社長。26年那須開墾社の解散後は,個人事業として矢板農場を設立。実業界では下野銀行,矢板信用銀行,矢板・氏家両銀行を次々と創立,その間に30年栃木県会議員当選。大正1(1912)年下野新聞社社長。<参考文献>西那須野町編『印南丈作・矢板武』

(阿部昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢板武の関連キーワード八方ヶ原実業家新郎榎昌大石保小野金六小室三吉野沢泰次郎本多貞次郎良勝(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢板武の関連情報