那須疏水(読み)なすそすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栃木県北部,那須野原にある那珂川から引水した用水路。本幹水路の延長 16.5km,4分水を合わせると延長 112.2km。水田灌漑面積 9.97km2。1880年矢板武印南丈作により那須開墾社が組織され原野開墾が始められたが,飲料水が不足,那須疏水の開削が開始された。飲用水路は 1881年着工, 1882年に完成。灌漑用水路は国の直轄工事として 1885年着工,本幹水路は同 1885年完成。第1分水から第4分水にいたる支線は 1886年までに完成。以後那須疏水普通水利組合によって管理されてきたが,那須疏水土地改良区の管理に変わった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android