コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田丘陵 ヤタキュウリョウ

デジタル大辞泉の解説

やた‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【矢田丘陵】

奈良県西部に広がる丘陵生駒(いこま)山地の東側に南北にのび、標高は200~300メートル、主峰は丘陵南端の松尾(まつのお)山(標高315メートル)。丘陵を中心として県立矢田自然公園となっている。松尾山腹西にある松尾寺は、わが国最古の厄除(やくよけ)観音の霊場。その北方にある矢田寺アジサイで有名。南端には法隆寺がある。松尾丘陵。後(うしろ)生駒山地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢田丘陵
やたきゅうりょう

奈良県西部を南北に走る丘陵。主峰は松尾(まつのお)山(315メートル)で、松尾丘陵ともいう。おもに花崗(かこう)岩類からなり、山麓(さんろく)に洪積層が続く。西斜面は断層崖(がい)をなし、南流する生駒(いこま)川、竜田(たつた)川を挟んで生駒山地が並走し、東側は富雄(とみお)川によって西ノ京丘陵から隔てられる。東側山腹に霊山(りょうせん)寺、金剛山(こんごうせん)寺(矢田寺)、松尾(まつのお)寺、南端に法隆寺があり、一帯は県立矢田自然公園域。山麓周辺は住宅地化が進んでいる。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

矢田丘陵の関連キーワード法隆寺地域の仏教建造物矢田県立自然公園大和郡山(市)小泉(奈良県)大和郡山[市]法隆寺旧境内生駒[市]平群[町]平群(町)慈光院庭園大和郡山市生駒(市)奈良(市)斑鳩(町)奈良[市]斑鳩[町]竜田川竜田

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢田丘陵の関連情報