コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾寺 まつおでら

7件 の用語解説(松尾寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松尾寺
まつおでら

京都府舞鶴市にある真言宗の寺。西国三十三所第 29番目の札所。慶雲1 (704) 年に唐の僧威光が馬頭観音像 (本尊) を安置したのが起源とされる。後鳥羽天皇の勅願所となるが,戦国時代細川幽斎の兵火にあい,本堂は天正9 (1581) 年に細川幽斎によって再建された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつお‐じ〔まつを‐〕【松尾寺】

金剛輪寺(こんごうりんじ)の通称。

まつお‐でら〔まつを‐〕【松尾寺】

大阪府和泉(いずみ)市にある天台宗の寺。山号は、阿弥陀山。弘文元年(672)役の小角(えんのおづの)が創立、のち、泰澄が中興したと伝える。境内に一ノ谷の戦いの戦死者をまつった首堂がある。松尾観音。
奈良県大和郡山(やまとこおりやま)市にある真言宗の寺。山号は、補陀落山舎人親王の発願により、養老2年(718)永業(ようごう)の開創と伝える。中世以後修験道の寺として栄え、また、江戸時代以降厄除(やくよ)け観音として信仰されている。

まつのお‐でら〔まつのを‐〕【松尾寺】

京都府舞鶴市にある真言宗醍醐派の寺。山号は、青葉山西国三十三所第29番札所。開創は、寺伝によれば慶雲年間(704~708)、唐僧威光の開山。本尊は馬頭観音で、養老年間(717~724)に泰澄が奥院を開いた。現在の本堂は細川幽斎の再建。絹本着色の普賢延命像は国宝。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

松尾寺

奈良県大和郡山市山田町にある寺院。創建は718年。宗派は真言宗醍醐派、本尊は千手千眼観音。日本最古の厄除霊場と言われる。

松尾(まつのお)寺

京都府舞鶴市にある寺院。創建は708年。宗派は真言宗醍醐派、本尊は馬頭観世音菩薩。5月に行われる松尾寺の仏舞(ほとけまい)」は国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まつのおでら【松尾寺】

大阪府和泉市松尾寺町にある天台宗の寺。山号、阿弥陀山。役小角えんのおづのの創建と伝える。源義経が一谷の戦いでの死者をまつって首堂を建立。織田信長が焼き打ちしたが、豊臣秀吉が再興。松尾観音。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松尾寺の関連キーワード大阪府和泉市青葉台大阪府和泉市あゆみ野大阪府和泉市池上町大阪府和泉市大阪府和泉市内田町大阪府和泉市王子町大阪府和泉市幸大阪府和泉市府中町大阪府和泉市槇尾山町大阪府和泉市まなび野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松尾寺の関連情報