コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田部達郎 やたべたつろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢田部達郎
やたべたつろう

[生]1893.10.24. 東京
[没]1958.3.24. 東京
心理学者。東京帝国大学卒業後,フランスドイツに留学 (1920~24) 。静岡高校,九州帝国大学で教鞭をとり,1944年京都帝国大学教授,退官後早稲田大学教授。ゲシュタルト理論とフランス心理学の影響を受け,矢田部心理学ともいうべき独自の体系を樹立,ことに意志および思考研究の総合的著作は著名。主著『意志心理学史』 (1942) ,『動物の思考』 (45) ,『思考心理学史』 (48) ,『心理学序説』 (50) ,『思考心理学』 (4巻,45~59) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田部達郎 やたべ-たつろう

1893-1958 昭和時代の心理学者。
明治26年10月24日生まれ。矢田部良吉の4男。ソルボンヌ大に留学後,九州帝大教授をへて昭和19年京都帝大教授,32年早大教授。矢田部・ギルフォード性格検査を考案した。昭和33年3月24日死去。64歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「心理学序説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢田部達郎
やたべたつろう
(1893―1958)

心理学者。東京に生まれる。東京帝国大学文科大学卒業。ソルボンヌ大学パリ大学)に留学。京都大学教授や早稲田(わせだ)大学教授を歴任。矢田部心理学の体系は『心理学序説』(1950)に述べられており、フランス系の思想と第二次世界大戦後のアメリカ心理学とを巧みに総合した同時代の代表的体系書といわれている。そのほか学位論文『意志心理学史』(1943)、『思考心理学史』(1948)、『思考心理学』全4巻(1948~1959)、『ウェルナァによる精神の発達』(1946)などの文献抄録に優れた著作が多い。また『矢田部・ギルフォード人格目録』(『Y‐Gテスト』)は、ギルフォードのテストをもとにして矢田部らが日本版をつくったものである。[宇津木保]
『『矢田部達郎著作集』全10巻(1983・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

矢田部達郎の関連キーワード黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナーウォルフオプラー国民之友制作座

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone