コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田部達郎 やたべたつろう

3件 の用語解説(矢田部達郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢田部達郎
やたべたつろう

[生]1893.10.24. 東京
[没]1958.3.24. 東京
心理学者。東京帝国大学卒業後,フランスドイツに留学 (1920~24) 。静岡高校,九州帝国大学で教鞭をとり,1944年京都帝国大学教授,退官後早稲田大学教授。ゲシュタルト理論とフランス心理学の影響を受け,矢田部心理学ともいうべき独自の体系を樹立,ことに意志および思考研究の総合的著作は著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田部達郎 やたべ-たつろう

1893-1958 昭和時代の心理学者。
明治26年10月24日生まれ。矢田部良吉の4男。ソルボンヌ大に留学後,九州帝大教授をへて昭和19年京都帝大教授,32年早大教授。矢田部・ギルフォード性格検査を考案した。昭和33年3月24日死去。64歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「心理学序説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢田部達郎
やたべたつろう
(1893―1958)

心理学者。東京に生まれる。東京帝国大学文科大学卒業。ソルボンヌ大学パリ大学)に留学。京都大学教授や早稲田(わせだ)大学教授を歴任。矢田部心理学の体系は『心理学序説』(1950)に述べられており、フランス系の思想と第二次世界大戦後のアメリカ心理学とを巧みに総合した同時代の代表的体系書といわれている。そのほか学位論文『意志心理学史』(1943)、『思考心理学史』(1948)、『思考心理学』全4巻(1948~1959)、『ウェルナァによる精神の発達』(1946)などの文献抄録に優れた著作が多い。また『矢田部・ギルフォード人格目録』(『Y‐Gテスト』)は、ギルフォードのテストをもとにして矢田部らが日本版をつくったものである。[宇津木保]
『『矢田部達郎著作集』全10巻(1983・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢田部達郎の関連キーワード階乗多摩NエヌN末端残基カルノシン篠原雄Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone