知家事(読み)チケジ

大辞林 第三版の解説

ちかじ【知家事】

ちけじ【知家事】

〔「ちけいじ」とも〕
平安中期以後、親王家・摂関家・有力社寺等の政所まんどころに置かれた職員。家務の処理にあたった。ちかじ。
鎌倉幕府の政所の職名。案主とともに事務を分掌した。
中世、伊勢神宮の職員の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android