コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井与次兵衛 いしい よじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井与次兵衛 いしい-よじべえ

1527-1592 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)7年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)を根拠にした海賊衆で,明石与次兵衛ともいう。豊臣秀吉の水軍の将となり,四国攻め,九州攻め,小田原攻めに活躍。天正(てんしょう)20年7月大政所(おおまんどころ)(天瑞院)危篤の知らせで秀吉を肥前名護屋(佐賀県)から京都へおくる途上,関門海峡で船が座礁,責任をとって自殺した。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石井与次兵衛の関連キーワードコボ文禄シェークスピア尚真王マク氏黎朝崇元寺レ(黎)朝乃美宗勝高三隆達

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android