コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井与次兵衛 いしい よじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井与次兵衛 いしい-よじべえ

1527-1592 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)7年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)を根拠にした海賊衆で,明石与次兵衛ともいう。豊臣秀吉の水軍の将となり,四国攻め,九州攻め,小田原攻めに活躍。天正(てんしょう)20年7月大政所(おおまんどころ)(天瑞院)危篤の知らせで秀吉を肥前名護屋(佐賀県)から京都へおくる途上,関門海峡で船が座礁,責任をとって自殺した。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石井与次兵衛の関連キーワードコボ文禄シェークスピア尚真王マク氏黎朝崇元寺乃美宗勝高三隆達隆達小歌

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android