コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天瑞院 てんずいいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天瑞院 てんずいいん

1513-1592 戦国-織豊時代,豊臣秀吉の母。
永正(えいしょう)10年生まれ。織田家足軽(あしがる)木下弥右衛門にとつぎ,のち筑阿弥と再婚。天正(てんしょう)13年秀吉の関白(かんぱく)就任とともに従一位に叙され大政所(おおまんどころ)とよばれる。14年徳川家康との和議のため三河(愛知県)岡崎城に人質となった。晩年は聚楽第(じゅらくだい)ですごした。子はほかに日秀尼,羽柴(はしば)秀長,朝日の方。天正20年7月22日死去。80歳。名はなか。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

天瑞院

没年:文禄1.7.22(1592.8.29)
生年:永正10(1513)
戦国・安土桃山時代,豊臣秀吉の生母。なか。織田信長の足軽であった尾張国愛知郡中村の木下弥右衛門に嫁し,日秀(瑞竜院),秀吉,秀長,旭姫を出産。弥右衛門と死別して,信長同朋衆の筑阿弥と再婚したが,筑阿弥とも死別。のち秀吉が長浜城主となり同居した。天正13(1585)年秀吉が関白になると,勅命により大政所を賜り従一位に叙せられた。翌14年徳川家康を聚楽第に上洛させるため,人質として三河岡崎に下り,諸侯の秀吉への臣従を実現。晩年は聚楽第で過ごした。文禄1(1592)年天瑞院の病を聞いて秀吉は肥前名護屋から帰坂したが,聚楽第で母の死を聞き,悲しみのため倒れたという。准三后を追贈された。墓所は京都竜翔寺。<参考文献>桑田忠親『豊臣秀吉研究』

(西村圭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんずいいん【天瑞院】

?‐1592(文禄1)
豊臣秀吉の生母。名はなか。尾張愛知郡の生れか。秀吉,その姉瑞竜院日秀を生み,のち再嫁して秀長,朝日姫(徳川家康の妻)をもうけた。1583年(天正11)秀吉の大坂築城後は城内に居し,秀吉が関白になると従一位に叙せられ,大政所と称された。86年10月秀吉が家康と講和のとき,家康を上洛させるために三河岡崎城に下った。文禄の役に秀吉の朝鮮渡海を止めたことは著名である。【細溝 典彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天瑞院
てんずいいん
1513―1592

豊臣秀吉の生母。名は、なか(仲)。尾張国愛知郡の生まれという。木下弥右衛門(姓については疑問も)と結婚し、とも(智。三好吉房(みよしよしふさ)室)、秀吉を生む。弥右衛門没後、織田家同朋衆(どうぼうしゅう)筑(竹)阿弥(ちくあみ)と再婚し、秀長、旭(朝日)姫(あさひひめ)(徳川家康室)を生む(父子関係には異論も)。秀吉とともに長浜城などに移り住み、大坂城築城後は城内に住む。1585年(天正13)秀吉の関白就任によって、大政所(おおまんどころ)と称せられる。尾張長久手(ながくて)での秀吉の敗戦、講和後、家康の上洛を促すため、1586年人質として岡崎に行く。よって家康は上洛し、大坂城で秀吉への臣従の礼をとった。朝鮮出兵の時期に重病となり、1592年(文禄1)肥前名護屋(なごや)にまで至った秀吉は、渡海を止まる。7月、京都聚楽第(じゅらくだい)で没。准三后(じゅさんごう)が追贈された。[真下道子]
『西岡虎之助著『日本女性史考』新装版(1983・新評論) ▽渡辺世祐著『豊太閤の私的生活』(講談社学術文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天瑞院の言及

【豊臣秀吉】より


[太閤伝説の成立]
 秀吉の出生はなぞにつつまれており,自己宣伝的要素と重なって忠実を無視した物語が作られた。すなわち,秀吉の母(大政所,天瑞院)は萩中納言という貴族の娘で,尾張に配流されていたが,許されて上洛して宮中に仕え,再び尾張に帰ってすぐに秀吉を生んだと,天皇の落胤であることを暗示するものである。これは大村由己(ゆうこ)の《関白任官記》にも記され,ひろく流布した。…

※「天瑞院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天瑞院の関連キーワード石井与次兵衛桑田忠親狩野永徳小出秀政朝日方

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android