コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井照久 いしい てるひさ

2件 の用語解説(石井照久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井照久 いしい-てるひさ

1906-1973 昭和時代の法学者。
明治39年11月23日生まれ。昭和19年母校東京帝大の教授となる。42年成蹊大教授,44年学長。戦後の商法改正を主導。労働法も専攻し,中央労働委員会会長などをつとめた。昭和48年7月16日死去。66歳。佐賀県出身。著作に「商法」「労働法総論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いしいてるひさ【石井照久】

1906‐73(明治39‐昭和48)
商法学者,労働法学者。佐賀県生れ。1931年東大法学部卒,田中耕太郎のもとで商法を専攻。33年東大助教授,44年教授として,商法,海法,労働法などを担当。法制審議会委員として,50年の商法改正(アメリカ会社法の制度を大幅に導入),国際海上物品運送法などの成立に指導的役割を果たした。また船員中央労働委員会,東京都労委,中労委の中立委員として労働争議の解決に尽力し,中労委会長も務めた。67年成蹊大学教授,69年同学長となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石井照久の関連キーワード旧商法竹田省北海道新幹線大塚市助岡村俊彦志田鉀太郎田中二郎三島雅夫森鹿三山口清秀

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井照久の関連情報