コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井照久 いしい てるひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井照久 いしい-てるひさ

1906-1973 昭和時代の法学者。
明治39年11月23日生まれ。昭和19年母校東京帝大の教授となる。42年成蹊大教授,44年学長。戦後の商法改正を主導。労働法も専攻し,中央労働委員会会長などをつとめた。昭和48年7月16日死去。66歳。佐賀県出身。著作に「商法」「労働法総論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしいてるひさ【石井照久】

1906‐73(明治39‐昭和48)
商法学者,労働法学者。佐賀県生れ。1931年東大法学部卒,田中耕太郎のもとで商法を専攻。33年東大助教授,44年教授として,商法,海法,労働法などを担当。法制審議会委員として,50年の商法改正(アメリカ会社法の制度を大幅に導入),国際海上物品運送法などの成立に指導的役割を果たした。また船員中央労働委員会,東京都労委,中労委の中立委員として労働争議の解決に尽力し,中労委会長も務めた。67年成蹊大学教授,69年同学長となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

石井照久の関連キーワード昭和時代カルテル団体交渉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android