コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中耕太郎 たなかこうたろう

7件 の用語解説(田中耕太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中耕太郎
たなかこうたろう

[生]1890.10.25. 鹿児島,鹿児島
[没]1974.3.1. 東京
大正・昭和期の法学者。1915年に東京帝国大学法科大学を卒業,1923年に同校教授となり,商法法哲学などを講じた。商法の学問的体系化を目指し,他方新トマス派自然法論(→自然法)の立場から世界法の理論的基礎づけを行ない,国際的に知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たなか‐こうたろう〔‐カウタラウ〕【田中耕太郎】

[1890~1974]法学者。鹿児島の生まれ。東大教授。商法法哲学に業績を残した。第二次大戦後は、文相・最高裁判所長官・国際司法裁判所判事などを歴任。文化勲章受章。著「世界法の理論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中耕太郎【たなかこうたろう】

商法・法哲学専攻の法学者。佐賀県出身。東大教授。第2次大戦後,文相,参議院議員を経て,1950年―1960年最高裁判所長官,1961年―1970年国際司法裁判所判事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中耕太郎 たなか-こうたろう

1890-1974 大正-昭和時代の法学者,裁判官。
明治23年10月25日生まれ。飯守重任(いいもり-しげとう)の兄。大正12年母校東京帝大の教授。カトリックの自然法論の立場から「世界法の理論」を提唱。戦後は第1次吉田内閣の文相,参議院議員,最高裁長官,国際司法裁判所判事などをつとめた。昭和35年文化勲章。昭和49年3月1日死去。83歳。鹿児島県出身。著作に「世界法の理論」「法律学概論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たなかこうたろう【田中耕太郎】

1890‐1974(明治23‐昭和49)
商法学者,法哲学者。鹿児島市生れ。1915年東大卒。17年同助教授,23年教授として商法,法理学などを担当。青年期,内村鑑三無教会主義に属したが,やがてそれに疑問を抱いて26年カトリックに改宗した。第2次大戦後は教育行政に転じ,45年文部省学校教育局長,46年文部大臣,同年貴族院勅選議員となった。47年参議院全国区より立候補して当選,緑風会に属し文教委員長。また教員検定委員会委員として教職追放の実施にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たなかこうたろう【田中耕太郎】

1890~1974) 商法学者。鹿児島県生まれ。東大教授・文相・参院議員・最高裁長官・国際司法裁判所判事を歴任。カトリックの自然法思想の影響の下に人類社会に共通の法を探究し、主に商法を内容とする「世界法の理論」を展開。長官時代、戦後の司法政策に基本方針を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中耕太郎
たなかこうたろう
(1890―1974)

法学者。鹿児島県生まれ。東京帝国大学法科大学独法科卒業。商法、法哲学の分野における業績が多い。とくに商法本質論における『商的色彩論』は有名。自然法主義の法哲学を基礎として、現存する法秩序体系を分析総合し、世界人類社会に普遍的な法の統一可能性を探究した『世界法の理論』三巻は、名著として評価が高い。また東京帝国大学教授、同法学部長のほか、1946年(昭和21)第一次吉田内閣の文部大臣、勅選貴族院議員、参議院議員を経て、50年最高裁判所長官に就任、司法権の独立を強調して「裁判批判」を戒めた。また、国際司法裁判所判事としても活躍した。カトリック信者であり、『法と宗教と社会生活』『善き隣人たれ』など宗教・芸術・教育などに関する著書、論文も多い。[戸田修三]
『鈴木竹雄編『田中耕太郎――人と業績』(1977・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田中耕太郎の言及

【教育基本法】より

…第5に,戦前の教育立法の勅令主義にかわり,国民の代表者からなる議会において制定するという,教育立法の法律主義の原則にしたがって制定されている。 本法を発意し推進したのは,1946年5月に文部大臣に就任した田中耕太郎である。同年6月,田中文相が憲法改正議会において教育根本法の構想を明らかにしたのち,文相の意を受け,田中二郎参事が文部省のスタッフを指導して立案に当たった。…

【世界法】より

…ツィーテルマンおよび彼の後継者クラインPeter Kleinが論じた世界法とは国際的に統一された内容をもつ私法のことである。日本の代表的商法学者の一人でありカトリック自然法論の唱道者でもある田中耕太郎はその大著《世界法の理論》(全3巻,1932‐34)と《続世界法の理論》(全2巻,1972)において,独自の世界法論を展開したが,彼の世界法概念は普遍人類共同体としての世界社会を規律するいっさいの法を意味し,いわゆる〈統一法〉だけでなく,法の抵触や国籍の抵触を処理する国際私法,さらに国際法をも含む。田中の世界法論は主権国家秩序を超えた普遍人類的基盤に立つ世界社会の法が,単なる理念にとどまらず,部分的には現実的に存在することを主張する。…

※「田中耕太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中耕太郎の関連キーワード鹿児島県鹿児島市鴨池鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市中町鹿児島県鹿児島市永吉鹿児島県鹿児島市南栄鹿児島県鹿児島市浜町鹿児島県鹿児島市原良加藤新平ラーレンツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中耕太郎の関連情報