コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林寺 へいりんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平林寺
へいりんじ

埼玉県新座市野火止にある臨済宗妙心寺派の寺。永和1 (1375) 年岩槻城主太田道真が創建し,石室善玖を開山として迎えた。のち徳川家康の庇護を受け,さらに川越城主松平氏が現在地に移築した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へいりん‐じ【平林寺】

埼玉県新座市野火止(のびどめ)にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は金鳳山。開創は天授元年=永和元年(1375)、開山は石室善玖。岩槻城主太田道真が岩槻に建立。寛文3年(1663)川越藩主松平輝綱が現在地に移築し、菩提寺とした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

平林寺【へいりんじ】

埼玉県新座(にいざ)市野火止(のびどめ)にある臨済宗妙心寺派の寺院。本尊阿弥陀如来。山号は金鳳山(きんぽうざん)。太田道灌の父,道真が石室善玖を招いて開山したと伝えられるが,太田氏没落後,現地へ川越城主が移した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

平林寺

埼玉県新座市にある寺院。1375年創建。臨済宗妙心寺派。本尊は釈迦如来

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいりんじ【平林寺】

埼玉県新座市にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は金鳳山。もと岩槻にあり,寺伝では1375年(天授1∥永和1)石室禅師が開山,開基は岩槻城主太田道真とするが不詳。1590年(天正18)岩槻城落城の際,当寺も焼失。92年,徳川家康が駿河臨済寺の鉄山を迎えて中興,朱印寺領50石。のち川越城主松平信綱が領内に寺の移建を宿願,その子輝綱の1663年(寛文3),現在地に移し菩提寺とした。広大な境内林(天)があり,野火止用水が流れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へいりんじ【平林寺】

埼玉県新座市野火止にある臨済宗妙心寺派の寺。山号、金鳳山。1375年岩槻いわつき城主太田道真が岩槻に創建。開山は石室善玖。1663年から現在地。野火止用水を造った川越藩松平氏の菩提所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平林寺
へいりんじ

埼玉県新座(にいざ)市野火止(のびどめ)にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。正式には金鳳山(きんぽうざん)平林禅寺という。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1375年(天授1・永和1)に武州岩槻(いわつき)城主の太田道真(どうしん)(道灌(どうかん)の父)が岩槻在平林邑(むら)(現さいたま市岩槻区金重(かなしげ))に建立し、石室善玖(いしむろぜんきゅう)(直指見性(じきしけんしょう)禅師)を招いて開山としたのが始まりである。天正(てんしょう)年間(1573~92)兵火によって堂宇は焼失したが、江戸時代に徳川家康は臨済寺(現静岡市葵(あおい)区大岩)の鉄山(てつざん)を招いて中興開山とした。のち1663年(寛文3)川越(かわごえ)城主松平信綱(のぶつな)の子輝綱(てるつな)が岩槻より現在の地に移して菩提(ぼだい)寺とし、江戸登城のときの宿坊とした。関東随一の専門道場をもつ。境内には野火止用水が流れ、山門、仏殿、本堂、松平(大河内(おおこうち))信綱・増田(ました)長盛の墓などがある。クヌギ、コナラなどの残る雑木林は平林寺境内林として国の天然記念物である。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平林寺の関連情報