石川 素童(読み)イシカワ ソドウ

20世紀日本人名事典の解説

石川 素童
イシカワ ソドウ

江戸時代末期〜大正期の僧侶 曹洞宗管長;総持寺貫首。



生年
天保12年12月1日(1842年)

没年
大正9(1920)年11月16日

出生地
尾張国大曽根(愛知県名古屋市)

旧姓(旧名)
道家

別名
俗名=寿三郎,号=牧牛,謚号=大円玄致禅師

経歴
9歳で出家。長門、信濃、尾張などで修業、名古屋泰増寺に帰り、元治元年総持寺、明治8年豊橋の龍拈寺、以後彦根清涼寺、東京豪徳寺、小田原最乗寺各住職を経て、38年石川県鳳至郡の大本山総持寺貫首となった。31年総持寺が炎上、復興に努力したが、神奈川県鶴見へ移転を主唱、反対を押し切り、40年伽藍を造営、44年遷座式を行った。その間39年に曹洞宗第8代管長に就任。以後台湾、朝鮮などへも行った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android