石川精舎(読み)イシカワノショウジャ

デジタル大辞泉の解説

いしかわ‐の‐しょうじゃ〔いしかは‐シヤウジヤ〕【石川精舎】

敏達天皇13年(584)蘇我馬子(そがのうまこ)が石川の自宅に百済(くだら)伝来の仏像を安置した仏殿。日本最初の寺で、橿原市石川町にある本明寺がその遺址といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしかわのしょうじゃ【石川精舎】

日本最古の寺。584年蘇我馬子そがのうまこが石川の自宅に仏像を安置したもの。奈良県橿原かしはら市石川町にある浄土宗本明寺が遺址いし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石川精舎
いしかわのしょうじゃ

日本最古の寺院といわれる。奈良県橿原(かしはら)市石川町に遺跡がある。『日本書紀』によると、敏達(びだつ)天皇13年(584)百済(くだら)から帰朝した鹿深臣(かふかのおみ)と佐伯連(さえきのむらじ)が2体の仏像を持ち帰ったが、これを得た蘇我馬子(そがのうまこ)は自邸の東方に仏殿をつくって善信尼(ぜんしんに)ら三尼に供養(くよう)させた。のちに馬子は石川の宅に仏殿をつくり二尊像を移し、仏法の初めとしたとある。これが石川精舎とよばれた。[里道徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いしかわ‐の‐しょうじゃ いしかはシャウジャ【石川精舎】

敏達天皇一三年(五八四)蘇我馬子が石川の自宅に仏像を安置したというわが国最初の寺。現在の奈良県橿原市石川町の浄土宗本明寺の地とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android