コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川豊成 いしかわの とよなり

2件 の用語解説(石川豊成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川豊成 いしかわの-とよなり

?-772 奈良時代の公卿(くぎょう)。
石川石足(いわたり)の子。石川年足の弟。東山道巡察使,左中弁などをへて,天平宝字(てんぴょうほうじ)6年参議。のち大宰帥(だざいのそち),宮内卿などをつとめ,宝亀(ほうき)2年中納言となる。家領が越中(富山県)射水(いみず)郡にあった。正三位。宝亀3年9月8日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石川豊成

没年:宝亀3.9.8(772.10.8)
生年:生年不詳
奈良時代の上級官僚。石足の子,年足の弟。天平17(745)年に正六位上式部大丞,以後順調に大宰府(太宰府市)の長官や参議などを歴任した。死去したときは正三位中納言兼宮内卿右京大夫で,弔使を賜った。天平宝字3(759)年ごろ,越中国(富山県)射水郡に家領があった(『寧楽遺文』中)。

(岩本次郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川豊成の関連キーワード公卿・供饗・公饗公卿給公卿僉議地下の公卿公卿の座公卿の間県犬養石次紀家守多治比長野山背王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone