コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石巻港(読み)イシノマキコウ

デジタル大辞泉の解説

いしのまき‐こう〔‐カウ〕【石巻港】

宮城県石巻市、石巻湾にある港。重要港湾の一つで、管理者は宮城県。木材・製鉄などの産業を支える工業港として機能する。付近にある石巻漁港はエビ・カジキ・サメなどの水揚げ量が多く、また三陸沖漁業・マグロ遠洋漁業の基地として栄える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

石巻港

宮城県にある港。1954年4月設立。港湾管理者は、宮城県。重要港湾(1964年4月指定)。漁港適用。港湾区域面積は、1,925ヘクタール。もとは伊寺水門と称された小さな港町。明治から昭和にかけて県北部の拠点港として開発が進む。2011年、東日本大震災により大きな被害を受けた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石巻港の関連情報