石拳(読み)イシケン

精選版 日本国語大辞典の解説

いし‐けん【石拳】

〘名〙 遊びの(けん)の一種。二人以上の者が、片手で、石、紙、はさみの形をまねて、同時にそのいずれかの形を出して勝負を決める。普通、石ははさみに勝ち、はさみは紙に勝ち、紙は石に勝つ。物事の順序などを決める簡便な方法としても行なわれる。じゃんけん。いし。いしかみ。
※風俗画報‐六〇号(1893)遊芸門「三竦みの拳は蟲拳(イシ)拳、狐拳虎拳の四種とす」

せっ‐けん セキ‥【石拳】

〘名〙 石のようにかたいこぶし。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「鉄臂石拳、四十の手を尽し、八十の技を極めて而して真に両虎の戦を為し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石拳の言及

【拳】より

…このように1から10までと〈無し〉の11種で,これを中国語音で呼ぶ。
[三すくみ拳]
 おもなものとして狐拳(庄屋拳,藤八拳ともいう),虫拳,虎拳,石拳(じゃんけん)などがあるが,さらに狐拳から変容した柳拳,尾上拳,深川拳,ちょん脱拳,お上げのお手を,おいでなさい,廻り拳,供(とも)せ供せなどがある。また拳をつかわず,狐拳を言葉で行うめくら拳もある。…

【じゃん拳】より

…拳の一種。〈石拳〉ともいう。中国から伝わった本拳から生まれたものと思われる。…

※「石拳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android