コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石榴・柘榴 ざくろ

大辞林 第三版の解説

ざくろ【石榴・柘榴】

ザクロ科の落葉小高木。西アジア原産。葉は長楕円形で光沢がある。初夏、枝頂に筒状で橙赤色・橙黄色・絞りなどの六弁花をつける。重弁のものをハナザクロという。秋、球形の果実を結び、熟すと裂けて種子を現す。種皮は甘ずっぱい液に富み、食べられる。樹皮を条虫駆除や染色に用いる。ジャクロ。セキリュウ。 [季] 秋。 〔「石榴の花」 「花石榴」は [季]夏〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石榴・柘榴の関連キーワード石榴

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android