コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋政嗣 いしばしまさし

3件 の用語解説(石橋政嗣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石橋政嗣
いしばしまさし

[生]1924.10.6. 台北
政治家。 1944年台北経済専門学校卒業。兵役から復員後,進駐軍労働者となり,47年日本進駐軍要員労働組合佐世保支部書記長。 53年,長崎県労働組合評議会議長となる。 55年左派社会党衆議院議員に当選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋政嗣 いしばし-まさし

1924- 昭和時代後期の政治家。
大正13年10月6日台湾生まれ。全駐労佐世保支部委員長,長崎県議をへて,昭和30年30歳で最年少の衆議院議員(当選12回,社会党)となる。35年の安保国会で活躍し,45年書記長,58年委員長。61年西欧型社会民主主義への路線転換をはかった。平成2年引退。台北経専卒。著作に「非武装中立論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石橋政嗣
いしばしまさし
(1924― )

政治家。台湾生まれ。台北経済専門学校、熊本予備士官学校卒業。全駐労佐世保支部書記長、長崎県労評議長、長崎県議を経て1955年(昭和30)総選挙で左派社会党から当選、以後連続当選。社会党では勝間田(かつまた)派に属す。おもに外交・防衛畑を歩き、60年安保では「安保五人男」の一人として活躍。党外交防衛委員長、総務局長、国際局長を経て、1970年から7年間書記長として成田知巳(ともみ)委員長とコンビを組む。この間1966年に自衛隊漸減に関する「石橋構想」を発表。1982年副委員長に就任、党の機構改革案をまとめたが同年12月辞任。1983年第9代委員長に就任、社会党初の労組出身の委員長となる。1986年辞任、1990年引退。イデオロギーより現実を重視するタイプ。著書に『非武装中立論』がある。[伊藤 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石橋政嗣の言及

【日本社会党】より

…80年1月,党は前年の総選挙で進出した中道に接近し,共産党を除外する政権構想を採択して社公民路線に踏み切り,2月の第44回大会では〈道〉の見直しを決定したが,党内左右両派の対立は解消せず,飛鳥田一雄委員長の提唱した〈百万党建設〉も進展しなかった。83年9月の第48回大会で委員長に就任した石橋政嗣は〈ニュー社会党〉への脱皮を呼びかけ,自衛隊の違憲・合法論を展開して路線転換を図り,86年1月の第50回続開大会で難産のすえに〈新宣言〉を採択し西欧型社会民主主義路線へと転換した。その結果マルクス主義的性格を持つ〈道〉は歴史的文書として棚上げになった。…

※「石橋政嗣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石橋政嗣の関連キーワード石田博英浦野幸男小野重行北二郎栗原浩田中六助玉置和郎中川俊思早川崇山手満男

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石橋政嗣の関連情報