コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田知巳 なりたともみ

4件 の用語解説(成田知巳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田知巳
なりたともみ

[生]1912.9.15. 香川
[没]1979.3.9. 東京
政治家。東京大学を卒業し,三井鉱山に勤めた。 1947年衆議院議員に当選。以来連続 12回当選。社会党左派に属し,理論家,政策マンとして頭角を現す。 59年日本社会党政策審議会会長。 62年書記長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田知巳 なりた-ともみ

1912-1979 昭和時代後期の政治家。
大正元年9月15日生まれ。三井鉱山,三井化学につとめる。昭和22年衆議院議員(当選12回,社会党)。左派の理論家,政策通として知られ,党政策審議会会長,書記長などをへて,43年から52年まで委員長をつとめた。昭和54年3月9日死去。66歳。香川県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なりたともみ【成田知巳】

1912‐79(大正1‐昭和54)
日本社会党指導者。高松市に生まれる。1935年(昭和10)東大卒業後三井鉱山に勤務するが,炭鉱労働者の劣悪な労働・生活条件に心を痛め,戦後の47年の総選挙で社会党から立候補して当選,鈴木派に所属して左派の理論家として活躍。55年の社会党統一後は政策審議会長を続け,60年の安保国会では安保条約改定に反対の論陣を張った。62年以降,河上丈太郎佐々木更三勝間田清一の各委員長のもとで書記長を務め,64年1月1日の〈《社会新報》〉に〈党革新の前進のために〉を執筆,党の体質的弱点として(1)日常活動,大衆工作の不足,(2)議員党的体質,(3)労組機関への依存の3点を摘出してその克服を呼びかけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成田知巳
なりたともみ
(1912―1979)

政治家。香川県生まれ。東京帝国大学法学部卒業後、三井鉱山に入社。第二次世界大戦後、三井化学文書課長を辞職し、1947年(昭和22)総選挙に日本社会党から立候補。以来連続当選12回(香川1区)。党分裂時には左派に属し、1958年以降、党の総務局長、政策審議会長、組織局長を歴任し、60年安保には左派の理論家として活躍した。1962年書記長となってからは左右両派の調停役として挙党体制の確立に努力した。1968年10月から1977年12月まで委員長。労働・農民運動の経験はもたないが、理論・政策能力にたけ、1970年代に「野党共闘」を提唱した。昭和54年3月9日、急性骨髄性白血病のため66歳で死去。[荒 敬]
『成田知巳著『成田知巳・活動の記録』全3巻(1981~1982・成田知巳追悼刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の成田知巳の言及

【日本社会党】より

…江田は同年10月の臨時大会で経済構造を改良しつつ社会主義に至るという構造改革の路線を提唱した(構造改革論)。社会主義協会を中心とする左派はこれを改良主義と批判して鋭く対決し,62年12月の第22回大会で江田の書記長辞任に追い込み,成田知巳が後任書記長となり,次いで64年12月の第24回大会で,労働者階級を中核とする広範な反独占国民戦線に依拠した社会主義政権に至る過渡的政府を構想する〈日本における社会主義への道〉という綱領的文書を採択して構造改革路線を事実上否定した。
[連合政権構想の変転と挫折]
 1960年代後半から70年代初頭にかけて,党は社共共闘を軸に東京都はじめ全国の主要な自治体で革新首長を実現し,また国政選挙での自民党の後退もあって,74年1月の第37回大会で護憲,民主,中立の国民戦線を基礎に全野党連合による国民統一政府の構想を発表した。…

※「成田知巳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

成田知巳の関連キーワードトリアッティ高松市立玉藻公園香川県高松市朝日町香川県高松市庵治町香川県高松市紺屋町香川県高松市高松町香川県高松市女木町河野密三輪寿壮ラルゴ・カバリェロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成田知巳の関連情報