石油根源岩(読み)せきゆこんげんがん(英語表記)source rock of petroleum

世界大百科事典 第2版の解説

せきゆこんげんがん【石油根源岩 source rock of petroleum】

石油の根源物質を含み,石油がその中で生成したと考えられる岩石をいう。一般には,あまり熱変質を受けていない黒色あるいは暗灰色のケツ()岩,泥岩石灰岩などの細粒堆積岩が根源岩として考えられている。石油母岩ともいわれるが,現在ではこの用語はあまり使われていない。 根源岩の有機物分析によると,優秀な根源岩は,ケツ岩や泥岩の場合,有機炭素量1%以上で石油炭化水素抽出量200ppm以上含有する岩石とされているが,最近では,有機炭素量で0.5%以上,石油炭化水素抽出量で50ppm以上含有する岩石を良好な根源岩と評価基準を広げている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android