コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石直し こくなおし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石直し
こくなおし

検地によって,土地の石高を変更し査定すること。太閤検地によって全国の石高は把握された (天正の石直し) が,江戸幕府検地を実施 (寛文延宝検地) して,石直しを行い,生産高の再把握をした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐なおし〔‐なほし〕【石直し】

検地によって、従来の石高を改め、土地の品等に応じた石高に直すこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくなおし【石直し】

検地によって、土地の石高を改めること。太閤たいこう検地の天正の石直しが有名。石改め。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石直し
こくなおし

従来の石高(こくだか)、貫高(かんだか)、刈高(かりだか)、蒔高(まきだか)などを、検地によって確定された石高に改め直すこと。これを一般に行ったのが、太閤(たいこう)検地。1582年(天正10)から文禄(ぶんろく)年間(1592~96)、さらに98年(慶長3)にかけて実施された太閤検地では、村々の田畑・屋敷を上・中・下に分けて石盛(こくもり)し、それを基準にして一筆ごとに公定生産高としての石高を確定した。これにより、従来、田畑・屋敷の経済的意義を表示し把握するのに用いられていた石高(年貢高)、貫高、刈高、蒔高などが、公定生産高としての石高に改め直された。これを一般に「天正(てんしょう)の石直し」あるいは「文禄検地」とよぶ。[宮川 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石直しの関連情報