コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石谿 せっけい Shi-xi

3件 の用語解説(石谿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石谿
せっけい
Shi-xi

中国,明末,清初の画家。武陵 (湖南省常徳県) の人。俗姓は劉,僧名はこん残,号は石谿,菴住道人など。明末の社会的混乱を避けて 40歳近くでみずから剃髪して出家し,諸方の山野を歩いた。のち南京の報恩寺,棲霞寺,天竜書院などに住み,晩年は牛首山幽棲寺の住持となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石谿【せきけい】

中国,清代初期の画僧。武陵(湖南省)の人。俗姓は劉,出家して【こん】残(こんざん)と称し,石谿は字あるいは号。諸山を歴訪して修業後,南京の牛首寺に住した。その画は,山水を細密に技巧的に描いたもので,黄公望の影響が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せきけい【石谿 Shí xī】

1612‐74
中国,明末・清初の僧,画家。僧名の髡残(こんざん)でも呼ばれる。号は石道人,残道人,介邱(かいきゆう),白禿(はくとく)など。俗姓は劉氏。幼少のとき父母を失い,諸地方を遍歴し,40歳ころに金陵(南京)報恩寺の覚浪に参禅し,牛首山(ごしゆせん)幽棲寺の住持となった。明遺民として限られた友人の周亮工や程正揆が石谿伝を記している。画作は康熙初年(1660年代)に多く集中しており,乾筆擦皴(さつしゆん)による山水図は,当時から〈元人(げんびと)の勝概を得た〉と評された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石谿の関連キーワード王鐸藍瑛尚可喜薛瑄明夷待訪録李漁李定国遺民画家王岱与朱鶴齢

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone