コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棲霞寺 セイカジ

百科事典マイペディアの解説

棲霞寺【せいかじ】

(1)中国,江蘇(こうそ)省ナンキンの北東,摂山(しょうざん)にある古寺。栖霞寺とも記す。《高僧伝》によれば南斉の高士明僧紹が草庵を結び,法度を迎えて寺としたのが最初といわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいかじ【棲霞寺 Qī xiá sì】

中国,南京市の北東郊外17km,棲霞山,一名は摂山(しようざん)の麓に位置する。栖霞寺ともかく。済南霊巌寺天台国清寺,荆州の玉泉寺とともに中国四大名刹の一つ。5世紀六朝の南斉時代の創建。つづく6世紀梁代に僧朗が住して以後,〈三論(中論,十二門論,百論)〉の学問の中心となり,〈三論宗〉を確立した隋の吉蔵(きちぞう)は僧朗3代の弟子である。また陳代には,江南でははじめて達磨の禅法がここに伝えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいかじ【棲霞寺】

中国、江蘇省南京の東北、摂山のふもとにある寺。南斉の明僧紹の開基。唐代に高宗が寺を建立。三論宗の学者が相次いで住した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

棲霞寺の関連キーワード兜跋毘沙門天棲霞寺石窟中国建築仏教建築清凉寺清涼寺仏龕奝然学者建立開基石谿高宗

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android