コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔法瓶 まほうびん

7件 の用語解説(魔法瓶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魔法瓶
まほうびん

保温,保冷装置を施した容器。中に二重の壁をもつ硬質ガラス瓶を入れ,容器との間にポリウレタンフォームを詰める。二重壁の内部は銀メッキを施し,壁と壁の間を真空状態にし,瓶の中に入れた物質の温度と外部温度との間の伝導,対流,放射を防ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まほう‐びん〔マハフ‐〕【魔法瓶】

保温または保冷に用いる容器。内外2層のガラスの間を真空にし、内壁を銀めっきして熱の伝導放射対流を防ぎ、中に入れたものの温度を長時間保たせる。ジャーポット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

魔法瓶【まほうびん】

保温,保冷に用いる容器。内面を銀めっきした2重壁のガラス瓶の中間の空気を抜き,真空にしたものを内筒にし,その外側を金属またはプラスチック製の外筒で保護したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まほうびん【魔法瓶】

保温保冷に用いる容器。二重のガラス瓶の中間を真空にし,内面を銀めっきして熱の伝導,対流,放射の程度を少なくしている。ドイツ物理学者A.F.ワインホルトの発見した原理にもとづき,1893年イギリスの化学・物理学者J.デュワーが実験の必要から液体ガスを保存するために発明したのでデュワー瓶ともいう。日本に伝えられたのは1910年ころで,円筒形細口のテルモス魔法瓶をドイツから輸入した。輸入当時は〈保温保冷24時間保証の真空瓶〉とも呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まほうびん【魔法瓶】

中に入れた物質の温度を長時間保てるようにした瓶。内面に銀メッキを施したガラス、またはステンレス製の二重壁の間を真空にして伝導・対流・放射による熱の移動を防ぐようにしたもの。普通、口の狭い液体用のものをいう。保温瓶。ポット。ジャー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

まほうびん【魔法瓶】

飲み物を長時間保温、または保冷するために用いる断熱容器。ステンレスやガラスが2層になっており、その間を真空にして熱の伝導や対流を妨げる。また内部に鏡面加工を施し、熱の放射を防ぐ。卓上などに据え置き、主として湯の保温に用いるポットタイプと、飲み物の携帯に用いる水筒タイプがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魔法瓶
まほうびん

飲料を長時間保温、または保冷する容器。日本には携帯用のものが1911年(明治44)に初めてドイツから輸入された。熱の伝導、対流、放射を少なくするため、二層にしたガラス瓶の内壁に、銀めっきをし、中間を真空にした中瓶を使い、さらに外側には中瓶を保護するための外装が施されている。中瓶にはホウケイ酸ガラスが、また外装にはプリント鋼板、塩ビ鋼板、プラスチック、銅、ステンレスなどが使われている。1892年、イギリスの化学・物理学者J・デュワーが、液体ガスを保存するために発明したのでデュワー瓶ともいう。
 卓上用には、手で持ち上げて湯をつぐハンド式のもの、蓋(ふた)を押して空気を送り込み、その空気圧によって湯を押し出すエア式のもの、モーターで湯を吸い上げる電動式のものなどがある。家庭用品品質表示法によって、表示事項や表示方法が定められており、その保温効力は、95℃プラスマイナス1℃の熱湯を満たして24時間および10時間(屋外で使用するものは6時間)放置した場合の温度で表されている。[正木英子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の魔法瓶の言及

【ガラス工業】より

…瓶は容器革命で缶,紙容器,ペット・ボトルなどへの転換が進んでいるが,一方でガラス業界もワンウェー(使い捨て)瓶の開発などで対応している。自動製瓶による瓶,大量生産型ガラス食器,電子管用バルブなどはおもに大企業で生産されるが,人工瓶,魔法瓶など中小企業によって生産されている製品も数多くある。 日本では,すでに江戸時代に眼鏡や食器などのガラス製品が製造されていた。…

※「魔法瓶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魔法瓶の関連キーワードグラスウールテラリウムガラス瓶カレット外蓋尿器保冷車洋盃シャーベットグラス水差し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魔法瓶の関連情報