コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁心記憶 じしんきおくcore memory

1件 の用語解説(磁心記憶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁心記憶
じしんきおく
core memory

コアメモリともいう。環状磁心の2種の磁化状態 (右回りと左回り) を利用して情報を記憶する方式。磁化の強さと磁界 (→磁場 ) の関係が矩形ヒステリシス特性となるフェライト ( Cu-Mn フェライト,Mg-Mn フェライト) が用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の磁心記憶の言及

【記憶装置】より

…キーボードやディスプレーのような入出力装置や外部記憶装置とCPUとのあいだのデータ転送も主記憶装置を経由する。主記憶装置として1970年頃まで磁心記憶が主流だったが,その高速化・大容量化には限界があり,図2に示したように,現在は内部記憶装置には半導体メモリーが使われている。また,外部記憶装置には磁気記憶,光記憶,光磁気記憶などが使われている。…

※「磁心記憶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone