コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯崎憲一郎 イソザキケンイチロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯崎憲一郎 いそざき-けんいちろう

1965- 平成時代の小説家。
昭和40年2月28日生まれ。早大卒業後,三井物産につとめる。40歳をまえに小説を書きはじめ,平成19年「肝心の子供」で文芸賞。21年50代夫婦の歴史をえがいた「終の住処(ついのすみか)」で芥川賞を受賞した。23年「赤の他人の瓜二つ」でBunkamura ドゥ マゴ文学賞。25年「往古来今」で泉鏡花文学賞。千葉県出身。早大卒。作品はほかに「眼と太陽」(20年芥川賞候補),「絵画」など。単行本に「世紀の発見」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

磯崎憲一郎の関連キーワード磯崎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯崎憲一郎の関連情報