コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神伝流 シンデンリュウ

3件 の用語解説(神伝流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんでん‐りゅう〔‐リウ〕【神伝流】

日本泳法の流派の一。貴田孫兵衛統治が流祖といわれ、瀬戸内海で発達した。あおり足を基本とし、遠泳に適する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんでんりゅう【神伝流】

水泳流派の一。創始者は貴田孫兵衛とされるが不詳。津山藩士植原六郎左衛門が伝承して広めた。あおり足を基本とし、遠泳に適するという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神伝流
しんでんりゅう

現存する日本泳法の一流派。皇朝神征水軍練法ともいう。流名は「天神流にして万法の宗源なり」から出ている。1617年(元和3)に加藤貞泰(さだやす)が伊予(愛媛県)大洲(おおず)に封ぜられてから、重臣加藤主馬光尚(しゅめみつなお)が柳の葉の流れるのを見て一流を創設し、大洲藩士に伝習させた。これが神伝主馬流である。1797年(寛政9)に神伝主馬流の家元は松山(愛媛県)に移り、神伝流と称するようになった。1848年(嘉永1)津山藩(岡山県)藩士植原六郎左衛門正方は宗家より印可免状を受け津山に水練場を開設した。神伝流の伝書には『神伝流游書』がある。泳法は扇足(あおりあし)を主体とし、基本泳法は真(しん)・行(ぎょう)・草(そう)の游方(およぎかた)であり、そのほかに5種の伸などがある。[笹島恒輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神伝流の言及

【水泳】より

…立体の巻足を基礎とし,踏水術とも呼ばれる。(8)神伝流 伊予(愛媛県)大洲藩で江戸初期に始められた。のち伊予松山藩,作州津山藩にも受けつがれたため,創始者加藤主馬光尚らの系統は〈神伝主馬(しゆめ)流〉と呼んで区別する。…

※「神伝流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神伝流の関連キーワード観海流小堀流水府流長谷川流向井流流祖河井流伸し泳ぎ貴田統治古式泳法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神伝流の関連情報