コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神伝流 シンデンリュウ

大辞林 第三版の解説

しんでんりゅう【神伝流】

水泳流派の一。創始者は貴田孫兵衛とされるが不詳。津山藩士植原六郎左衛門が伝承して広めた。あおり足を基本とし、遠泳に適するという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神伝流
しんでんりゅう

現存する日本泳法の一流派。皇朝神征水軍練法ともいう。流名は「天神流にして万法の宗源なり」から出ている。1617年(元和3)に加藤貞泰(さだやす)が伊予(愛媛県)大洲(おおず)に封ぜられてから、重臣加藤主馬光尚(しゅめみつなお)が柳の葉の流れるのを見て一流を創設し、大洲藩士に伝習させた。これが神伝主馬流である。1797年(寛政9)に神伝主馬流の家元は松山(愛媛県)に移り、神伝流と称するようになった。1848年(嘉永1)津山藩(岡山県)藩士植原六郎左衛門正方は宗家より印可免状を受け津山に水練場を開設した。神伝流の伝書には『神伝流游書』がある。泳法は扇足(あおりあし)を主体とし、基本泳法は真(しん)・行(ぎょう)・草(そう)の游方(およぎかた)であり、そのほかに5種の伸などがある。[笹島恒輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神伝流の言及

【水泳】より

…立体の巻足を基礎とし,踏水術とも呼ばれる。(8)神伝流 伊予(愛媛県)大洲藩で江戸初期に始められた。のち伊予松山藩,作州津山藩にも受けつがれたため,創始者加藤主馬光尚らの系統は〈神伝主馬(しゆめ)流〉と呼んで区別する。…

※「神伝流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神伝流の関連キーワード神伝主馬流入沢 涼月寒中水泳植原正方諸抜き手片手抜き甲冑泳ぎ居合術抜き手堀直央田中完山内流岩飛び水泳横体

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android