コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美作国 みまさかのくに

6件 の用語解説(美作国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美作国
みまさかのくに

現在の岡山県北部。山陽道の一国。上国。古くは備前国の一部であったが,『続日本紀』によれば,和銅6 (713) 年6郡をさいて一国とした。ここには国造,県主としての記録はない。『延喜式』神名帳には 11座 (10社) の神社が載せられ,中山神社名神大社に列し,のちに当国の一宮であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みまさか‐の‐くに【美作国】

美作

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

美作国【みまさかのくに】

旧国名。作州とも。山陽道の一国。現在の岡山県北東部。もと吉備(きび)国。713年備前(びぜん)国から分置。《延喜式》に上国,7郡。国府は津山市。中世,荘園が多く,戦国期には宇喜多氏が支配。
→関連項目岡山[県]中国地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

みまさかのくに【美作国】

現在の岡山県北東部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で山陽道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からは近国(きんごく)とされた。国府は現在の津山(つやま)市総社東(そうじゃひがし)、国分寺は同市国分寺(こくぶんじ)におかれていた。鎌倉時代には梶原(かじわら)氏、和田氏、北条(ほうじょう)氏が、南北朝時代以降は佐々木氏、山名氏、赤松氏が守護となった。応仁(おうにん)の乱後、赤松氏が没落すると、備前(びぜん)国(岡山県)の宇喜多(うきた)氏の支配下に入った。江戸時代には津山藩勝山藩、鶴田(たづた)藩の3藩と幕府直轄領や多くの大名・旗本領に細分された。1871年(明治4)の廃藩置県により北条県となったが、1876年(明治9)に岡山県に併合された。◇作州(さくしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みまさかのくに【美作国】

旧国名。作州。現在の岡山県北東部。東は播磨,西は備中,南は備前,北は因幡,伯耆の諸国に接し,中世末まで播磨国佐用郡石井(現,兵庫県佐用町石井)を含む。
【古代】
 山陽道に属する上国(《延喜式》)。713年(和銅6)4月,備前国から英多(あいた)(現,英田(あいだ)),勝田(かつた∥かつまた),苫田(とまた),久米(くめ),大庭(おおば),真島(ましま)の6郡を分割して設置された。備前守百済南典,同介上毛野堅身らの申請によるといわれる(《伊呂波字類抄》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美作国
みまさかのくに

岡山県の北東部の旧国名。東は播磨(はりま)、西は備中(びっちゅう)、北は因幡(いなば)・伯耆(ほうき)、南は備前(びぜん)に接し、旭(あさひ)川・吉井川によって瀬戸内海を結ぶ。713年(和銅6)備前北部の英多(あいた)、勝田(かた)(かつまた)、苫田(とまた)、久米(くめ)、大庭(おおば)(おおにわ)、真島(ましま)の6郡を割いて美作国を置いた。863年(貞観5)苫田郡を苫東(とまひがし)・苫西(とまにし)の両郡に分割、室町時代にそれぞれ苫北・苫東と苫南・苫西に分割したがのちに東苫田・西苫田の両郡に統合、江戸時代にふたたび東北条(とうほうじょう)・東南条(とうなんじょう)と、西北条(さいほうじょう)・西西条(さいさいじょう)に分割された。英多郡は室町時代のころ吉野・英田(あいだ)の両郡に、勝田郡は江戸時代に勝北(しょうほく)・勝南(しょうなん)の両郡に分割された。国府は苫田郡の現津山市総社(そうじゃ)に置かれ、国分寺は勝田郡の現津山市国分寺に建立された。『和名抄(わみょうしょう)』によると、平安中期の美作の水田面積は1万1021町3反256歩。特産物には鉄、銅、材木、紙などがあった。
 鎌倉時代には、河会(かわい)郷の地頭(じとう)渋谷(しぶや)氏など関東武士が来住し、また菅原道真(すがわらのみちざね)の末流が菅家(かんけ)七流と称して勝田郡内に、また公卿(くぎょう)徳大寺実孝(さねたか)の子孫が新免(しんめん)姓を称して吉野郡内に勢力を広めた。平安・鎌倉のころ、神護寺(じんごじ)領佐良荘(さらのしょう)のほか稲岡荘、梶並(かじなみ)荘、倭文(しとり)荘、真島荘、英多保(ほ)、林野保、大原保などが設けられた。南北朝から室町初期のころは、播磨守護赤松氏の支配に属したが、嘉吉(かきつ)の乱(1441)以後、因幡守護山名氏の支配に属した。応仁(おうにん)の乱(1467~77)後ふたたび赤松政則(まさのり)の支配に服したが、彼の死後赤松氏は衰え、出雲(いずも)の尼子(あまご)氏、備前の浦上(うらがみ)・宇喜多(うきた)氏、備中の三村氏、安芸(あき)の毛利(もうり)氏の抗争の場となった。作東に三星(みつぼし)城主後藤氏、作西に高田城主三浦氏があったが、ともに美作の統一勢力にはなりえず、1582年(天正10)備前の宇喜多氏の支配に属した。
 関ヶ原の戦い(1600)後、美作は備前とともに小早川秀秋(こばやかわひであき)の所領となったが、1603年(慶長8)秀秋の死で断絶し、美作一円(朱印高18万6500石)を森忠政に賜った。忠政は鶴山(かくざん)に津山城を築き城下町を経営し、全領に検地を実施した。その後の検地で1697年(元禄10)には内高25万9327石に達していた。同年森氏は断絶し、以後美作は幕領と多くの私領に分割された。美作に城や陣屋を構えた藩は津山藩(越前(えちぜん)松平氏)、勝山藩(三浦氏)、幕末に設置された鶴田(たづた)藩(越智(おち)松平氏)のみで、他国の諸藩の飛び地が多かった。美作では1726年(享保11)の山中一揆(さんちゅういっき)のほか多くの一揆が激発した。反面、宇田川玄随(うだがわげんずい)・榕菴(ようあん)、箕作阮甫(みつくりげんぽ)など優れた洋学者を輩出し、また武芸では戦国末期の竹内久盛(たけのうちひさもり)に始まる竹内流(棒術、小太刀、捕縄術、柔術の総合武術)が民間に広く普及した。
 1871年(明治4)廃藩置県ののち美作一円は北条県となった。73年新政に反対する大規模な「血税」一揆が起こった。76年北条県は岡山県に統合された。[柴田 一]
『谷口澄夫著『岡山県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美作国の関連キーワード備前国備中国備後国美作安房根室備前常陸豊前飛騨

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美作国の関連情報