コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出羽柵 でわさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出羽柵
でわさく

奈良時代,蝦夷に備えて築かれた。「でわのさく」ともいう。『続日本紀』の和銅2 (709) 年の条に,和銅1 (708) 年出羽郡が置かれ,和銅2年出羽柵に兵器を送ったというのが初見。所在については諸説あるが,山形県鶴岡市が想定される。柵は天平5 (733) 年秋田郡高清水岡に移され,秋田城の前身となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でわ‐の‐さく〔では‐〕【出羽柵】

奈良時代、東北地方経営のために今の山形県最上川下流付近に置かれた城柵。天平5年(733)今の秋田市内に移され、のち秋田城となった。でわのき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でわのさく【出羽柵】

日本古代の城柵。〈でわのき〉ともいう。709年(和銅2)初見の柵であり,当初は山形県庄内地方,最上川河口付近に造られたものと考えられているが,その所在地は判明していない。初見時には,諸国から兵器が運びこまれており,後の714年や717年(養老1),719年には諸国から柵戸や民を配したと記されている。出羽の蝦夷対策のために置かれた柵とされているのである。この出羽柵は733年(天平5)秋田村高清水岡に遷置されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でわのさく【出羽柵】

奈良時代、東北経営のために置かれた城柵。八世紀初頭に山形県最上川河口付近に置かれたが版図拡大に伴ってのちに、秋田県雄物川河口付近に移された。でわのき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の城がわかる事典の解説

でわのさく【出羽柵】

山形県庄内地方の最上川下流付近に設置されたとされる古代の城柵。平安時代初めに編纂された勅選史書『続日本紀(しょくにほんぎ)』の709年(和銅2)7月1日の条が文献上の初出。708年(和銅1)に越後国に出羽郡が設けられていることから、出羽郡設置とともに設けられた城柵とも考えられる。ただし、所在地は特定できていない。『続日本紀』によれば、出羽柵は大和政権の勢力圏が北上するにしたがい、733年(天平5)に現在の秋田市付近に移設され、これが秋田城になった。秋田城には国府が置かれたが、蝦夷の反乱が相次ぎ、国府は再び庄内地方に移転した。その有力な候補地とされているのが同県酒田市にあった城輪柵(きのわのさく)である。◇「でわのき」「いではのき」ともいう。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の出羽柵の言及

【秋田城】より

…古代出羽国の北半に置かれた城柵。《続日本紀》によると733年(天平5)に,それまでおそらく庄内地方にあったと思われる出羽柵が,秋田村高清水岡に遷置されている。それが秋田城の前身と考えられているが直ちに秋田城となったかどうかは判然とせず,秋田城の厳密な創建年代はわからない。…

※「出羽柵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出羽柵の関連キーワード出羽柵(いではのき)出羽柵(でわのき)奈良時代(年表)山形(県)秋田(県)秋田[市]払田柵遺跡秋田[県]秋田(市)奈良時代大野東人秋田城跡秋田県城輪柵雄勝柵越後国出羽国雄勝城柵址国府

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出羽柵の関連情報