神寿詞・神吉詞(読み)かんよごと

精選版 日本国語大辞典「神寿詞・神吉詞」の解説

かん‐よごと【神寿詞・神吉詞】

〘名〙 (「かむよごと」と表記) 古代、出雲大社に奉仕する出雲国造(いずものくにのみやつこ)新任に際して、律令国家服従を誓い、天皇を寿(ことほ)いで奏上することば。新たに任命されて帰国した国造は、一年間、出雲の神々をまつって潔斎の後、ふたたび上京してこれを奏上する。一年間まつった出雲の神々に代わっての賀詞という意味で、特に「神」を付けて呼ぶ。「延喜式‐祝詞」の中に「出雲国造神賀詞(いづものくにのみやつこのかむよごと)」として収められている。
出雲風土記(733)意宇「忌部(いむべ)の神戸(かむべ)、〈略〉国造(くにのみやつこ)、神吉詞(かむよごと)(ほが)ひに、朝廷に参向(まゐむか)ふ時、御沐(みそぎ)の忌(いみ)の里なり。(かれ)、忌部と云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android