コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経障害性疼痛 シンケイショウガイセイトウツウ

2件 の用語解説(神経障害性疼痛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんけいしょうがいせい‐とうつう〔シンケイシヤウガイセイ‐〕【神経障害性×疼痛】

末梢神経中枢神経の損傷や障害によって生じる疼痛。外傷や手術、あるいは癌(がん)糖尿病帯状疱疹などの疾患による神経障害に伴って起こり、軽く触れただけで激しい痛みを感じたり、刺激を受けなくても強い痛みが出たり、焼けるような痛みが持続したりする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経障害性疼痛
しんけいしょうがいせいとうつう

病気や外傷などに起因する末梢(まっしょう)神経・中枢神経の損傷や障害により慢性的に続く痛みの総称。損傷された神経の支配が及ぶ領域の感覚が鈍っているにもかかわらず、その部位が持続的に痛んだり、触れられただけで強い痛みを感じるアロジニアallodyniaなどがおもな症状である。痛みの種類としては、末梢神経の外傷後などにみられる焼けつくような痛み(灼熱(しゃくねつ)痛)や刺すような痛み、電気的ショックを受けたような電撃様痛などがある。神経障害性疼痛の代表的なものに、帯状疱疹(たいじょうほうしん)後神経痛や糖尿病性神経症がある。帯状疱疹後神経痛は、神経痛に似た痛みを数日から1週間伴う帯状疱疹が治った後も、長期間にわたって痛みが持続する。糖尿病性神経症は、糖尿病の代謝異常が長い期間続くことで末梢神経に変性が起こり、自発痛が持続する。このほか癌(がん)による神経浸潤などが含まれるが、これらの痛みの原因はまだ解明されていない。痛みにはジクロフェナクなどの解熱・鎮痛薬や鎮痛補助薬としてイミプラミンなど三環系抗うつ薬を用い、理学療法、神経ブロックなども併用して痛みの緩和に対処する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経障害性疼痛の関連キーワード神経節中枢神経系末梢神経系知覚神経神経中枢無髄神経中枢神経多発神経炎亜急性脊髄・視神経・末梢神経障害末梢神経損傷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神経障害性疼痛の関連情報