神路山(読み)カミジヤマ

大辞林 第三版の解説

かみじやま【神路山】

伊勢神宮内宮の南方の山。天照あまてる山。鷲日わしびの山。⦅歌枕⦆ 「ながめばや神路の山に雲消えてゆふべの空をいでむ月かげ/新古今 神祇

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かみじ‐やま かみぢ‥【神路山】

三重県伊勢市伊勢神宮内宮の神苑の山。南すそに五十鈴川が流れる。標高二八六メートル。天照(あまてる)山。鷲日(わしのひ)山。神垣山。宇治山。
※千載(1187)神祇・一二七八・詞書「大神宮の御山をば神路山(カミヂやま)と申す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android