千早振(読み)ちはやぶる

精選版 日本国語大辞典の解説

ちはやぶる【千早振】

[1] (動詞「ちはやぶ」の連体形から。中世・近世は「ちはやふる」「ちわやふる」とも)
① 地名「宇治」にかかる。かかり方は、勢い激しく荒々しい氏(うじ)の意で、「氏」と同音によるか。一説に、「いつ(厳)」との類音による。
※古事記(712)中「知波夜夫流(チハヤブル) 宇治の渡りに 棹取りに 速けむ人し 我が仲間(もこ)に来む」
② 勢いの強力で恐ろしい神の意で、「神」およびこれに類する語にかかる。
(イ) 「神」にかかる。
※万葉(8C後)一一・二四一六「千早振(ちはやぶる)神の持たせる命をば誰が為にかも長く欲りせむ」
(ロ) 「神」を含む「神世」「神無月」「現人神」などにかかる。
※古今(905‐914)秋下・二九四「ちはやぶる神世も聞かず龍田川から紅に水くくるとは〈在原業平〉」
(ハ) 「神」に縁の深い物を表わす語、「斎垣(いがき)」「天の岩戸」「玉の簾」などにかかる。
※類従本長能集(1009頃)「千早ぶる天の岩戸を押し開き我に片寄れみごもりの神」
(ニ) 「神威(いつ)」の意から、それと類音の地名「伊豆」にかかる。
※金槐集(1213)賀「ちはやふる伊豆の御山の玉椿八百万代(やほよろづよ)も色は変らじ」
③ ②と同じかかり方で、特定の神の名、神社のある場所などにかかる。
(イ) 特に「神」を含む地名にかかる。神社のある場所であることが多い。
※古今(905‐914)秋下・二五四「ちはやぶる神なび山のもみぢ葉に思ひはかけじ移ろふ物を〈よみ人しらず〉」
※千載(1187)賀・六三五「ちはやぶる神田の里の稲なれば月日とともにひさしかるべし〈大江匡房〉」
(ロ) 著名な神社やその所在地として「賀茂」「平野」「三上山」「香椎宮」「布留」「斎宮(いつきのみや)」などにかかる。
※東遊(10C後)求子歌「あはれ 千者也布留(チハヤフル) 賀茂の社(やしろ)の 姫小松 あはれ 姫小松 万代(よろづよ)(ふ)とも 色は変(かは) あはれ 色は変らじ」
※新古今(1205)神祇・一八八六「ちはやぶる香椎の宮のあや杉は神のみそぎにたてるなりけり〈よみ人しらず〉」
(ハ) (イ)(ロ)以外の諸所の神社名、神社のある地名、神の名などにかかる。
※古今六帖(976‐987頃)四「ちはやぶる糺(ただす)の神の前にして空鳴きしつる時鳥(ほととぎす)かな」
※拾遺愚草(1216‐33頃)下「ちはやぶる熊野(くまの)の宮のなぎの葉を変(かは)らぬ千世のためしにぞおる」
[2] 〘名〙
① 長い年月を経たもの。昔のこと。
※日葡辞書(1603‐04)「Chiuayafuru(チワヤフル)
※雑俳・柳多留‐一四四(1836)「遣り手智慧格子のすみへ千早振」
[3] 落語。在原業平作の「ちはやぶる神世も聞かず龍田川から紅に水くくるとは」の名歌を物知りぶって珍解釈して教える滑稽を主題とする。さげはぶっつけ落ち。別名「百人一首」。
[語誌](1)動詞「ちはやぶ」から転じた語で、「いちはやぶ」や「いちはやし」と同源と考えられる。
(2)中古以後は(一)③のように「神」の他、広く神社や神社のある地名にかかる例が多く見られるようになり、中世には(二)①のように、「ちわやふる」の形も生じ、意味も変化した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android