コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神農祭 シンノウサイ

デジタル大辞泉の解説

しんのう‐さい【神農祭】

漢方医が冬至の日に、医薬の祖である神農氏を祭る行事。 冬》「―聖らなる灯をかきたてぬ/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

神農祭【しんのうさい】

薬種問屋の並ぶ大阪道修(どしょう)町にある少彦名(すくなひこな)神社の祭(11月22〜23日)。少彦名神社は日本の医薬の神少彦名命と,中国の薬祖神神農をまつり,俗に〈神農さん〉という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんのうさい【神農祭】

薬種商が、冬至の日に医薬の祖とされる神農をまつって祝う行事。大阪の道修どしよう町の少彦名すくなびこな神社が著名。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神農祭の関連キーワード薬種問屋薬種商

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神農祭の関連情報