神農祭(読み)シンノウサイ

百科事典マイペディアの解説

神農祭【しんのうさい】

薬種問屋の並ぶ大阪道修(どしょう)町にある少彦名(すくなひこな)神社の祭(11月22〜23日)。少彦名神社は日本の医薬の神少彦名命と,中国の薬祖神神農をまつり,俗に〈神農さん〉という。神農祭は1822年にコレラが流行したときから盛大に行われたといわれ,疫病よけの張子の虎を神社でわける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんのうさい【神農祭】

薬種商が、冬至の日に医薬の祖とされる神農をまつって祝う行事。大阪の道修どしよう町の少彦名すくなびこな神社が著名。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんのう‐さい【神農祭】

しんのう‐まつり【神農祭】

〘名〙
① 冬至の日、漢方医が神農をまつり、親戚、知人を饗応したこと。しんのうさい。《季・冬》
※俳諧・改正月令博物筌(1808)一一月「神農祭(シンノウマツリ) 唐土の人炎帝と号す。百草をなめて薬を初めたり。医道の祖神故、今日医師祭りをなす也」
② 大阪市中央区道修町(どしょうまち)にある少彦名(すくなひこな)神社の祭礼。一一月二二・二三日に行なわれる。「大阪のとめ祭」「虎おくれ祭」ともいう。神農様。しんのうさん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android