神酒(読み)シンシュ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅ【神酒】

神に供える。おみき。

みわ【神酒/御酒】

神前に供える酒。みき。一説に、酒を醸造して神前に供えた瓶(かめ)のこととも。
「泣沢(なきさは)の神社(もり)に―据ゑ祈れども我が大君は高日知らしぬ」〈・二〇二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しゅ【神酒】

〘名〙 (「じんしゅ」とも) に供える酒。みき。
合巻・正本製(1815‐31)三「汝が持参なしたる神酒(ジンシュ)、なぜ毒見をばいたさぬな」 〔張耒‐次韻君復七兄見贈詩〕

みわ【神酒】

〘名〙 神に供える酒。みき。一説に、酒を醸(かも)して、その酒を入れたまま神に供える瓶(かめ)
書紀(720)舒明四年一〇月(北野本訓)「即の日神(ミワ)を給ふ」
※万葉(8C後)二・二〇二「哭沢(なきさは)の神社(もり)に三輪(みわ)すゑ祈れども我が王(おほきみ)は高日知らしぬ」
[補注]「書紀」の「湏」は「酒」の誤り。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神酒の関連情報