コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神酒 シンシュ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅ【神酒】

神に供える。おみき。

みわ【神酒/御酒】

神前に供える酒。みき。一説に、酒を醸造して神前に供えた瓶(かめ)のこととも。
「泣沢(なきさは)の神社(もり)に―据ゑ祈れども我が大君は高日知らしぬ」〈・二〇二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしゅ【神酒】

神に供える酒。おみき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神酒の関連キーワード折り掛け樽・折掛け樽大山崎離宮八幡宮手づくり焼酎千鶴もみじのしずくガニュメデス照る照る坊主ガンダルバ高日知らす酒人・掌酒黒松稲天神にごり神しずくネクターヘーベーソーマ神嘗祭加茂福神酒口勝畫楼破壊王

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神酒の関連情報