コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制する セイスル

デジタル大辞泉の解説

せい・する【制する】

[動サ変][文]せい・す[サ変]
人の行動などを押さえとどめる。また、気持ちなどを押しとどめる。「殺到する群衆を―・する」「はやる心を―・する」
自分のものにする。支配する。「機先を―・する」「過半数を―・する」「一発攻勢で接戦を―・する」→先んずれば人を制す
規則などをきめる。制定する。「法を―・する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいする【制する】

( 動サ変 ) [文] サ変 せい・す
人が何かしようとするのを抑えとどめる。 「発言を-・する」
(相手をおさえて)自分のものとする。自分の勢力下におく。支配する。 「先んずれば人を-・する」 「勝ちを-・する」 「死命を-・する」
気持ちなどを抑える。おしとどめる。 「はやる気持ちを-・する」
規定などをさだめる。きめる。 「律令を-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

制するの関連キーワードル・マン24時間レースマスターズトーナメントセルフコントロールカミロ ビジェガス間然する所がない柔能く剛を制す頭を抑えるポセイドン議院内閣制先制パンチ先を越す先を取る連立政権海運同盟鳴り高し基幹産業当て身金輪宝合気道梅松論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

制するの関連情報