制する(読み)セイスル

デジタル大辞泉の解説

せい・する【制する】

[動サ変][文]せい・す[サ変]
人の行動などを押さえとどめる。また、気持ちなどを押しとどめる。「殺到する群衆を―・する」「はやる心を―・する」
自分のものにする。支配する。「機先を―・する」「過半数を―・する」「一発攻勢で接戦を―・する」→先んずれば人を制す
規則などをきめる。制定する。「法を―・する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいする【制する】

( 動サ変 ) [文] サ変 せい・す
人が何かしようとするのを抑えとどめる。 「発言を-・する」
(相手をおさえて)自分のものとする。自分の勢力下におく。支配する。 「先んずれば人を-・する」 「勝ちを-・する」 「死命を-・する」
気持ちなどを抑える。おしとどめる。 「はやる気持ちを-・する」
規定などをさだめる。きめる。 「律令を-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

制するの関連情報