コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地泡介 フクチホウスケ

デジタル大辞泉の解説

ふくち‐ほうすけ〔‐ハウすけ〕【福地泡介】

[1937~1995]漫画家岐阜の生まれ。本名、豊。サラリーマン生活を経て執筆活動に入る。庶民の生活を哀愁あふれる視点で描き、共感を得た。麻雀名手としても知られ、それに関するエッセーも著している。代表作「ホースケ君」「ドーモ君」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福地泡介 ふくち-ほうすけ

1937-1995 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和12年6月1日生まれ。早大漫画研究会で園山俊二,東海林(しょうじ)さだおらとグループ54を結成。大学中退後,つとめながら漫画をかき,昭和37年独立。マージャン名人としても知られた。平成7年1月5日死去。57歳。岐阜県出身。本名は豊。作品に「ドーモ君」「週刊ホースケ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福地泡介の関連キーワード園山 俊二福地 泡介正午なり