コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地泡介 フクチホウスケ

2件 の用語解説(福地泡介の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふくち‐ほうすけ〔‐ハウすけ〕【福地泡介】

[1937~1995]漫画家。岐阜の生まれ。本名、豊。サラリーマン生活を経て執筆活動に入る。庶民の生活を哀愁あふれる視点で描き、共感を得た。麻雀の名手としても知られ、それに関するエッセーも著している。代表作「ホースケ君」「ドーモ君」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福地泡介 ふくち-ほうすけ

1937-1995 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和12年6月1日生まれ。早大漫画研究会で園山俊二,東海林(しょうじ)さだおらとグループ54を結成。大学中退後,つとめながら漫画をかき,昭和37年独立。マージャン名人としても知られた。平成7年1月5日死去。57歳。岐阜県出身。本名は豊。作品に「ドーモ君」「週刊ホースケ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福地泡介の関連キーワード黒人問題中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一記録文学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone