コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田峨山 ふくだ がざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田峨山 ふくだ-がざん

1758-1843 江戸時代後期の武士。
宝暦8年生まれ。阿波(あわ)徳島藩士。国学を本居大平(もとおり-おおひら)に,儒学を柴野碧海(へきかい)にまなぶ。母親に孝養をつくし,定普請役から小奉行格に登用された。阿波と淡路(あわじ)の孝子,忠臣などの事績をしるした「阿淡孝子伝」をあらわした。天保(てんぽう)14年9月14日死去。86歳。名は愛信(ちかのぶ)。通称は林右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福田峨山の関連キーワード福田林右衛門

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android