コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福笑い フクワライ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐わらい〔‐わらひ〕【福笑い】

正月の遊びの一。目隠しをして、輪郭だけが描かれたお多福おかめの絵の上に、別に厚紙で作った目・鼻・唇などを並べ、出来上がりのおかしさを楽しむもの。 新年》「目隠しが透いて見えたる―/梓月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

福笑い

笑いは、「おかめ」「おたふく」と呼ばれるお福面の、顔の輪郭だけを描いた紙の上に、目隠しをされた者が切り抜いた眉、目、鼻、口などを正しい位置(と 自分が思う場所)に並べていく遊びです。目隠しをされている為、自分の勘だけで顔のパーツを置いていくので、最終的に位置のずれた可笑しい目鼻立ちになり ます。その結果出来上がった滑稽〔こっけい〕な表情を見て笑い、楽しみます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくわらい【福笑い】

目隠しをしてお亀の顔絵を完成させる,正月の遊びの一つ。顔の輪郭だけを描いた台紙と,眉,目,鼻,口に切り抜いた紙を用い,ひとつずつ置いていくが,本来の位置に並ばず鼻や口が曲がったりするこっけいさを楽しむ。お亀のほか,えびす,大黒の顔や,世相を反映する人物の顔も登場した。【半沢 敏郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくわらい【福笑い】

正月などに行う遊戯の一。目隠しをして、お多福などの顔の輪郭だけを書いた台紙の上に眉・目・鼻・口の形に切り抜いた紙片を置き、うまく置けたかどうかを競ったり、出来上がりの滑稽さを楽しんだりするもの。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福笑い
ふくわらい

紙製玩具(がんぐ)の一種。お福面(おかめ)の顔の輪郭だけを描いた紙と、別に眉(まゆ)、目、鼻、口などを切り抜いた紙片とが組合せになっている。遊び方は、手拭(てぬぐい)などで目隠しした者が、この目、鼻などをお福面の紙の上に並べていくが、できあがりが笑いたくなる滑稽(こっけい)な顔だちになる点におもしろさがある。江戸中期ごろから流行し始めたものらしく、明治以降も第二次世界大戦前までは正月の室内遊びとして盛んに行われた。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

福笑いの関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)大木こだまひびきさゆみ・ひかり春菜みえこ宮川さゆみ河本 栄得木村ひかりおもちゃ絵暗闇細工高橋優紙片遊戯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福笑いの関連情報