秋岡芳夫(読み)あきおか よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋岡芳夫 あきおか-よしお

1920-1997 昭和後期-平成時代のインダストリアルデザイナー。
大正9年4月29日生まれ。箸(はし)から列車まで幅ひろく手がけた。使い手の視点からの物づくりを提唱。また職人の集団1100人の会を組織。木工技術の保存にもとりくんだ。昭和52年東北工大教授,57年共立女子大教授。平成9年4月18日死去。76歳。熊本県出身。東京高等工芸(現千葉大)卒。著作に「日本の手道具」「暮しのためのデザイン」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android