秋田派(読み)あきたは

百科事典マイペディアの解説

秋田派【あきたは】

江戸後期,秋田地方に興った洋風画派。秋田蘭画とも。1773年,阿仁銅山開発のため,秋田藩主佐竹曙山(しょざん)に招かれた平賀源内が,角館で城主佐竹義躬とその家臣小田野直武に西洋画法を伝授,さらに直武が江戸で曙山に伝えて,秋田派が形成された。沈銓(ちんせん)の中国写生画風を基底とし,洋書のさし絵や銅版画の技法が混入した独特の画風。ほかに荻津勝孝〔1746-1809〕,田代忠国〔1757-1830〕らがいる。
→関連項目秋田県立近代美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android